セブンセンス モンスターサーフTR MSSー1072最安値ランキング

ランカーシーバス獲るならこれ以上のロッドがあるでしょうか?
10.7フィートで45gがフルキャストできるのにも関わらず、168gという軽さは驚きですよね。

かと言ってやはりシーバス仕様だなぁと思う部分は、ラインのキャパですね。
MAXがPE1.5でBESTがPE1.2という完全なるシーバス専用設計かと思います。

楽天でやっと手に入れたので、アングラーの皆さんにも拡散という意味で記事にしました。
こちらのページから購入可能です。
↓ ↓ ↓ ↓

セブンセンス モンスターサーフTR MSSー1072ーTR

 

セブンセンス モンスターサーフの歴史

外洋サーフ専用設計のモンスターサーフ1072シューティングスペシャルですが、本来であれば「PEシリーズ」で販売する筈であったが、開発段階でブランクスコンセプトの最大の課題であった「45gジグがフルキャストできるパワーを保有した上での最大級の軽量化」を目指した為、他のカテゴリーロッドと平行して開発していくうちにどんどんブランクスの新製法が確立され、「もっと軽く、さらに強く」が過剰に発展、そこへ、トルザイトリングのリリース情報が飛び込み、急遽、「TRシリーズ」での販売へと企画変更。

 

モンスターサーフ仕様

ティップに30t+40t、バットには30t+40t+46tを複合成型。
自重163gのモンスタージェッティーMJS1002TRが、そのままの使い心地で7インチ長く、しかもMAXルアーウエイトは5gUPの45gとなり、パワー・トルクを強化しながらもその差僅か5gのプロト自重168g、ブランクス単体の重量は10.7フィートでありながら、1002と比べてその差は僅か0.5gの超軽量ブランクスを搭載。
リールシートも同じ、搭載ガイドも同じで、1072はバットガイドから3個目までを強度確保のトリプルラッピングにしているにもかかわらずである。
トップ・ミノー・バイブ・ジグ・ジグヘッドワーム、どのルアーにも繊細に対応し、遥か沖のピンポイントを長時間撃ち続けることが可能なこの「シューティングスペシャル」で広大で爽快なサーフゲームを思う存分満喫して頂きたい。

 

シューティングスペシャルとルアー

外洋に面したサーフをメインに大型スズキ族を狙い、中型ミノー(120mm~140mm)からバイブレーション(21g~28g)、30g前後のシンペンにて反転流など流速の中で標準となる28g前後の飛距離の稼げるルアー全般が扱い易く、流れや引き抵抗に負けないティップと楽に遠投できる反発させ易いテーパーと46tの曲がり始める位置を調整し、反発力と張りを持った超軽量パワーブランクを設計。
ノットに関してはリーダーに結びコブを作らない摩擦系ノットにて結束してください。
尚、リーダー長は1.5m(1ヒロ)から1.0m(矢引き)までがトラブルも少なく使用できます。
リーダーの結束部はトップガイドの外側に出したキャストを推奨します。ロングリーダーはお勧めできません。

 

今なら2000円クーポン貰えます♪

スポンサーリンク